ホーム   »  回避補正について
Category | 回避補正について

高ランクNPCの命中率改悪その後

ユーザー負担の増加を招く誰得なのか理解不能な修正に関して
自身の攻略難易度に変化があるかを確認しました。

・検証場所:真田伝 追加3、追加4

・検証方法:鎧鍛冶にNPCの攻撃を受けさせ、回避率(被弾率)を計測する。
      また、鎧鍛冶の被弾時の「器用さの変化」も提示します。

・検証時の鎧鍛冶の回避に関わるステータス
 器用さ:800 回避補正:62

なお、回避に関わる技能は、「難攻不落」「近衛警護術」を実装します。
存命術ゾーン時の回避率、相手の速攻韻時の器用さ変化は計測難易度が上がるので無視しています。
技能名の横に記述している値は、攻撃を受けた際の鎧鍛冶の器用さの値です。


1:【回避(命中)仕様変更『前』】真田伝 追加4の回避率の概要
20161010_001.jpg

丹あり丹なし
通常器用さ800740
陣形839779
流派960888
四聖陣11331073
地の利13201260


【コメント】
真田昌幸、真田幸村の2名に着目した場合、27回中9回のみ回避している。
その他5名は、82回中36回で攻撃を回避している。

陣形以外の器用さ上昇時の効果(流派、四聖陣など)がある場合は
39回中21回(1~7番の全NPC)で回避しているため、器用さ上昇に伴い回避率も上がっている。


2:【回避(命中)仕様変更『』】真田伝 追加4の回避率の概要
20161010_002.jpg

丹あり丹なし
通常器用さ800740
陣形839779
流派960888
四聖陣11331073
地の利13201260

【コメント】
真田昌幸、真田幸村の2名については、明らかに命中率が上がっている。
1の例の場合途中で死んで器用さが低下しているが、それと比べても回避率が低い。

また、全体をぱっと見ただけでも回避を示す赤枠セルが少なく
回避率が低下していると判断できる。
なお、オレンジ点線部分は、軍学のコピー奥義を使用して
忍法の疾風怒濤max状態をコピーしているので、鎧鍛冶の器用さは計算上2000を超えている状態です。
ただ、この器用さ2115状態であっても回避率があがってるわけでもないので
強制的に命中率補正が掛けられていると思われます。

この場合の乱数テーブルが運が悪い方向に働いている可能性も考えられますが
全体的に回避率が悪くなっています。
逆にいうと相手の命中率が高い状態です。



3:【回避(命中)仕様変更『前』】真田伝 追加3の回避率の概要
20161010_003.jpg

丹あり丹なし
通常器用さ800740
陣形839779
流派960888
四聖陣11331073
地の利13201260

【コメント】
全体とおしておおよそ半分くらい回避できている。 66回中/32回回避。
近接物理が強力な1番、7番に対しての回避率が高い。
神典タイプの3番と5番の命中率が少し高めで、器用さを上昇させても回避率にはさほど影響していないように感じる。






4:【回避(命中)仕様変更『』】真田伝 追加3の回避率の概要
20161010_004.jpg


丹あり丹なし
通常器用さ800740
陣形839779
流派960888
四聖陣11331073
地の利13201260

【コメント】
3の例の場合と倒す順番を変更しているため、行動および使用してくる技能も変わっている。
1番に関していうと、特に3の例と命中率は変わっていないと思われる。
2番の本多正信の行動が近接物理が多めで回避率が高いように見えるがその他のキャラの命中率は
3の例と比べて少し高いように思える。


【検証テスト総評】
・テストキャラでは、検証するにはまだステータスが足りないと感じます。
 器用さ、および回避補正値ともあと1割~2割上昇させたところが上限値でしょうか あてずっぽうですが。

・強制的に疾風怒涛効果を鍛冶に配布した際にも大して回避しなかったので
 補正はかなり掛けられていると思われます。

・高額な装備を揃えた方には理不尽な修正だと思います。
 新規ユーザーの負担と言及していますが、新規ユーザーに負担を掛けたくなければ
 生産難易度を下げるか、ボスの難易度を下げればいいだけなので、一定以上の回避補正を持つ
 ユーザーに対しての弱体修正です。新規ユーザーの負担は軽減されません。

・私のテスト用の鎧鍛冶でも1000万前後は装備代に掛かっていますが、回避率上限に達するのであれば
 もう少し装備代が必要だと思われます。



・・・・しかし、過去にも1度回避補正に関する検証をしていますが、結局ユーザー視点では
仕様がわかりづらいというところは変わりませんでした。
※私の検証方法がいまいちなのかもしれませんが。

数値に関しては、精査していないので、計算間違いなどがあると思います。



プロフィール

みかん之野望

Author:みかん之野望
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

カテゴリ
フリーエリア
リンク